本文へ移動

会社案内

本社社屋外観

社屋の外観写真
本社社屋外観

社長挨拶

社長挨拶
当社は創業以来、いつでもお客様企業の
ニーズにお応えすべく、全社で一体となっ
て不可能を可能にするための知恵を最大限
出し合い、絶え間ない努力で挑戦し続けて
います。
おかげ様でそんな日常の努力により、多く
の人々に支えられて、物流の安全性は勿論
のこと、温かい心を具えた高い品質と、地
球環境への配慮に取り組み、より高度なサ
ービスを提供できるよう、安定した環境の
下でお客様企業との間に、末永くお付き合
いいただける強い信頼関係を築き上げてま
いりました。
全員参加の経営で革新を、強みをいかして
近代的に効率的に、高度化を図って参ります。
当社は37年目を迎え、より多くの方々に向
けて社会貢献と、物流の更なる使命を果た
すために、状況の変化を迅速にとらえたサ
ービスに、自らの経験で培ってきたノウハ
ウを活かし、全社で一体となりこれからも
挑戦し続けます。
         
株式会社山商運輸
         代表取締役 小竹 逸代

働き方改革への取り組み

「働き方改革」への取り組み
  社員のやる気を会社経営に活かしたい
  女性の活躍を推進したい
  生産性向上による【仕事と生活】時間の有効活用をしたい
 
  また「ホワイト物流」の推進により、会社と運転者そしてお客様との、三位一体で取り組みをしています。
 山商運輸は経営トップ自らも、試行錯誤し積極的にこれらに取り組んでいます。                   
 
 

副社長挨拶

副社長挨拶
「感謝」「団結力」「思いやりをもって」
世の中には当たり前がないと思っています。
「信用が第一」で日々業務に携わっています。
「安全が第一」で日々みんなと業務に取り組ん
でいます。
笑顔あふれる職場づくり、みんなの健康やまた
そのご家族の「健康が第一」であるように。
当社は社員と一丸となって、〇〇のために頑張
る仕事を、楽しく達成していきます。

         
株式会社山商運輸
       代表取締役副社長 山本 幸子

副社長挨拶

副社長挨拶
いま全世界がコロナ禍にあり、また世の中が
めまぐるしく変化をしている。まさに厳しい
状況を強いられている中で、置いていかれな
いように、そして生き抜いていかなければな
らない。いまできることは何か。
流行に敏感になり、情報収集を続ける。
そして一番は現場を極めたい。今まで以上に
深く現場に関わりたい。
現場中心で、その視点からみえてくる新規開
拓や組織の強化をしたい。
その挑戦の間を、私が最も信頼している小竹
逸代が担う。
更なる成長のため挑戦し続ける。

つきましては今後も、全社員一致団結して社
業発展のため、更に専心努力いたす所存です
ので、なお一層のご支援を賜りますようお願
い申し上げます。
         
株式会社山商運輸
       代表取締役副社長 山本 一輝

専務取締役挨拶

副社長挨拶
携わっていた仕事で日々赴く中で、日本の
各地・名所が詳しくなっている自分がいま
す。移り行く時代の流れや歴史など、話に
花を咲かせませんか。
そんな私のモットー  
     
    " 仲睦まじく "



株式会社山商運輸
       専務取締役 山本 秀子

栄誉を称えて ~全日本トラック協会~

公益社団法人全日本トラック協会表彰

感謝状
 私はこの度、全日本トラック協会長より感謝状をいただきました。
このような賞をいただいた今、大きな喜びとともに改めて今までの自分自身を振り返ってみました。今日まで頑張ってきた自分を見守ってくださる大勢の方がいるんだと、急に安堵した気持ちもあります。
 裸一貫でこの会社を立ち上げて築き、今日まで働いてきた日々は決して楽で平坦な道ばかりではありませんでした。
 とにかく休まず仕事優先で、現場の第一線にいました。時には苦しい仕事もありました。いや苦しい仕事が多かったかな、それとも私の記憶が苦しい仕事の思い出ばかりなのかも知れないが。それでも「こんな仕事もやっていたら、次に繋がるかもしれない」と、人と人との繋がりを大事に思ってやってきました。そして何より荷主さん第一、荷主さんのご要望に応えられるようにを考えてきました。困難なご要望もありました。その時はよく話し合って、知恵を出し合って、お互いが納得したところで歩み寄って、ここまでやってきました。
 それから私は、どんな仕事も文句を言わずにやってきました。とにかく選ばれる人間、選ばれる会社になりたかったんです。だから生き残った、そう思います。だって会社を立ち上げる時の知人が、みんないなくなったから。
 しかしここまでやってこられたのは、決してひとりでできたことでは無いんです。まずは共に頑張ってきてくれた従業員ひとりひとりに感謝を。それから仕事優先でやってきた私を、裏で支えてきてくれた家族に感謝を。それがなかったら、ここまで仕事に集中してやってこれなかったと思います。まだまだその他携わってきた大勢の方に感謝を。そして末筆ながらこの度、このような感謝状をくださいました 公益社団法人 全日本トラック協会 会長 坂本克己 様、ご推薦くださいました 一般社団法人 岐阜県トラック協会 会長 田口義隆 様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
平成31年3月吉日
 
   自分の思う人生になった
    「こつこつとやれば なんとかなるんだな」
 
                                               株式会社山商運輸
         創業者 山本 一夫
 
 

会社概要

■会社名
 株式会社山商運輸
■所在地
 本社営業所
【事務所】〒509-0241 岐阜県可児市坂戸
【駐車場】岐阜県可児市坂戸・可児市土田 
 
 名古屋営業所
【事務所】〒455-0051 愛知県名古屋市港区中川本町6丁目 
【駐車場】愛知県名古屋市港区新茶屋4丁目
 
 岐阜営業所
【事務所】〒503-0231   岐阜県安八郡輪之内町
【駐車場】岐阜県安八郡安八町利面・大垣市墨俣町
 
■代表者
  代表取締役  小竹 逸代
■創業者
 山本 一夫
■設立年月日
 昭和59年12月22日
■資本金
 1600万円
■事業内容
 
 ○運輸業(一般貨物自動車運送業・自動車運送取扱業・自動車運送代弁業) ○倉庫業 製品保管 在庫管理業務 トランクルーム(月極) ○ピッキング ○仕分梱包発送 ○ 製品組立 ○内職加工 〇貸会議室 ○不動産管理業 〇ゴルフレッスン 〇清掃業 〇保険 〇コンサルタント業
 

沿  革

■1984年有限会社山商を開設、貨物輸送を開始
■1989年愛知県犬山市に犬山事務所を設置
■1990年中部運輸局による一般区域貨物自動車運送事業 中運自貨二第1039号の免許を取得
■1990年
貨物運送取扱業を申請し、登録番号 第4219号 を取得
■1992年一般貨物自動車運送事業の事業計画変更について 中京圏区域 中運自貨第687号の免許を取得
■1992年愛知県小牧市に荷扱倉庫を設立
■1996年商号を 株式会社山商運輸 に変更
■1996年関係会社 株式会社山商物流倉庫が倉庫業を開始
■2006年貨物自動車運送事業安全性評価事業において 安全性優良事業所 を認定取得
■2006年新安全方針を定め自動車運送事業における運輸安全マネジメントの 取り組みを実施開始、輸送の安全性の向上に努める
■2007年地球環境への配慮に本格的に取り組み、独立行政法人環境再生保全機構のエコドライブコンテストへの参加を開始
■2008年
貨物自動車運送事業安全性評価事業において 安全性優良事業所 を更新 認定取得
■2010年第15回 岐阜県トラックドライバーコンテストに11t4t車の部で 各1名出場、プロドライバーとしての社会的責務を再確認する
■2011年
自動車安全運転センターより優秀安全運転事業所「金賞」を受賞。県庁にて岐阜県警察本部長様・自動車安全運転センター理事長様の連名表彰を受け、従業員一同は日常のプロ精神を実感した
■2011年
貨物自動車運送事業安全性評価事業において 安全性優良事業所 を2回目更新 認定取得
■2013年
関係会社 株式会社山商クリエーティブが、代表取締役山本秀子のもと倉庫業およびピッキング業務を中心とし営業を開始
■2013年
株式会社山商クリエーティブが、人材派遣業 登録番号 特21−300813号 を取得し業務を開始
■2014年12月22日 お蔭様で創立30周年を迎えた
■2016年
貨物自動車運送事業安全性評価事業において 安全性優良事業所 を3回目更新 認定取得
■2017年
中部運輸局による一般貨物自動車運送事業  愛運輸第514号  の免許を取得
■2019年
第1号「ラッピングトラック」(FUSO)が誕生し、全国へ向けて地元可児市と同市YEG(Young Entrepreneurs Group)、可児市土田流鏑馬祭りのPRを開始
■2019年
貨物自動車運送事業安全性評価事業において 安全性優良事業所 を4回目更新 認定取得
■2020年
トライン株式会社が東京海上火災保険代理店を開始。代表取締役田中嘉子のもと三位一体の事業を展開
■2020年
自動車安全運転センターより優秀安全運転事業所「銀賞」を受賞。岐阜県警察本部交通部長様・自動車安全運転センター岐阜県事務所長様の連名表彰を受け、従業員一同は日常のプロ精神を実感した
■2020年
株式会社山商クリエーティブが、資本金を1200万円に増資
■2021年
消防団協力事業所として社会的責務を果たす
■2021年
運転者職場環境良好度認証制度にて、一般財団法人 日本海事協会 協会物流部様より一つ星合格通知を受け取得した
■2021年
東京2020大会の成功に向けて、フィールドスタッフ(大会ボランティア)を派遣。全国の人々や多様なステークホルダーとの創造を通じて、日本の未来に貢献  ※開催延期にて予定

創立30周年のご挨拶

拝啓 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、弊社におきましては、2014年12月22日をもちまして創立30周年を迎えることとなりました。これもひとえにお客様をはじめ、協力スタッフの皆様に支えていただいたお陰と心より深く感謝を申し上げます。

 弊社は、1984年創立以来、お客様の荷物を確実にお届けする集団としてお客様のニーズやご期待に応えるべく、安全性、信用力の向上に取り組んでまいりました。1992年には荷物の集約を目的とした物流拠点として可児市、小牧市に倉庫を設け、さらには仕事の細部にまでお客様に寄り添い、耳を傾けてご協力できるという万全の体制でお客様のニーズにお応えできるよう、精進してまいりました。今後、めまぐるしく変化してゆくこの業界を、特には異業界との効率化に着眼して商圏を拡大してまいりたいと思います。

 創立30周年を迎えた今、弊社はこれまで培ってきたことを更に進化発展させ、日々誠実に事業を営み、皆様のご期待に添えるよう、社員一同心を新たにして、今まで以上に一層の努力を重ねる所存でございます。今後とも益々のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
敬具

2014年12月

株式会社山商運輸
創業者 
山本 一夫

交通アクセス

<本社>岐阜県可児市坂戸643番地

株式会社 山商運輸
本社営業所

名古屋営業所

岐阜営業所



運輸業
一般貨物自動車運送業
自動車運送取扱業
自動車運送代弁業
倉庫業
製品保管

在庫管理業務

トランクルーム(月極)
ピッキング

仕分梱包発送
製品組立
内職加工
貸会議室

不動産

ゴルフレッスン

保険

定・植栽・ガーデニング

コンサルタント



1
3
5
2
3
6
TOPへ戻る