本文へ移動
「行楽期における交通事故防止運動」の実施について
2015-10-25
今年も、行楽地への遠出が増える秋口となり交通量の増加が予想されます。
「自らを守る」という体制で、 以下のように取り組みます。

車両は、早めのライト点灯(目安は日没の30分前)に心がけます
飲酒運転ゼロ
危険ドラッグ等、薬物による運行の絶無
交差点以外での横断者に注意する
無理な追い越し、追い抜き運転、また わき見運転はしません
シートベルトの着用 

歩行者は、反射材の携行をします


TOPへ戻る